睡眠不足

髪の悩みを抱えている人の多くは、生活習慣の乱れが大きな原因となっていることを理解していないのかもしれない。

髪の毛の健康と生活習慣は密接に関係しているといわれている。

髪の毛に影響を与えるような生活習慣を慎むことで、髪の毛の健康を取り戻そう。


・髪の悩み-睡眠不足その1
髪の悩みを解消するためには睡眠不足は厳禁だろう。

人間は睡眠をとることで、日々の疲れを解消させようとしている。

睡眠を十分にとることで、体調を整え、体力を回復させる。

髪の毛も身体の一部にかわりない。

睡眠不足になると髪の毛まで十分にエネルギーが行き渡らないことになってくるのだ。


・髪の悩み-睡眠不足その2
髪の毛が1日になかで一番成長する時間帯というものがあるようだ。

それが夜だといわれている。

その中でも特に22時から2時の間が一番髪の毛が成長するといわれているのだ。

なぜ特に22時から2時の間に髪の毛が一番成長するかというと、副交感神経が最も活発化し、成長ホルモンが大量に分泌される時間帯だからだそうだ。


・髪の悩み-睡眠不足その3
髪の悩みを解消するにはまずは、22時から2時の間にきちんと睡眠をとることがとても大切なのだ。

この時間帯に睡眠をとらないということは、髪の成長を妨げることになってしまう。

睡眠不足の生活習慣が髪の悩みにつながっていると考え、きちんと睡眠をとるようにしたいものだ。


遺伝

髪の悩みの中で遺伝を気にしてきる人も多いと思う。

自分の父親や薄毛だから、自分もいずれハゲてしまうのではないかとか、母方の祖父がハゲているから、遺伝的に自分もハゲてしまうなどと思っている人も多いと思う。

しかし実は薄毛と遺伝の関係は正確には証明されてはいない。

薄毛を遺伝させてしまう遺伝子の存在は、まだはっきりと確認されたわけではないようだ。

そのため自分が薄毛になったのは遺伝のせいだと考えるのは間違いかもしれない。

確かに遺伝として片付けてしまえば、ある程度は納得できたかもしれないが、実際は薄毛と遺伝の関係は証明されていないようだ。

髪の悩みが親子で似てしまうことは多いと思われる。

これは遺伝というよりも、生活習慣が原因でそうなっていると考えたほうが自然だと思われる。

よく親が太っている家庭の子供が太っているということを感じたことはないだろうか。

これは太った親の生活習慣や食生活を子供も受け継いでしまったからに違いないかもしれない。

髪の悩みを抱えている人のなかには、自分が薄毛になったのは遺伝のせいだと思っていると思う。

しかしこれは薄毛になった親と同じような生活習慣や食生活をしてきたからかもしれない。

抜け毛や薄毛は遺伝的な理由よりも、生活習慣などに理由があることが多いといわれている。



毛根

髪の悩みを感じ始めるのは、抜け毛の量が増えてきたと感じるのが最初ではないだろうか。

髪の毛には生え変わりのサイクルがあるので、必ず一定期間経過すると髪の毛は、新しい髪の毛へと生え変わるわけだ。

抜け毛の数と生え変わりの数は通常は一定なので、つねに髪の毛の量は一定に保たれているわけだ。

髪の毛が正常に生え変わる抜け毛の場合は、髪の毛が正常な働きをまっとうして生え変わる。

役目を果たした髪の毛なので、いくら抜けようが、またすぐに正常で健康な新しい髪の毛が生えてくるわけだ。

しかし髪の悩みを抱えはじめると、抜け毛の理由が違ってきてしまうものだ。

髪の悩みを抱えはじめた人の場合、髪が本来の働きを果たさないうちに抜けるようになってしまう。

そのような髪の毛は、毛根が小さくなっていて、弱々しくみえる。

そのため頭皮にしっかりと根を張ることができない。

これは成長期にあるはずの毛母細胞が正常に働かなかったためになるということだ。

髪の悩み抱えている人は、一度自分の抜け毛を確認してみて欲しい。

髪の毛の毛根部分があきらかにやせ細ってみえるはずだ。

毛根が弱ってしまった理由はさまざまだが、まずはこの毛根に復活してもらわなければ抜け毛は一向に減りはしない。


抜け毛

髪の悩みでまず一番に感じるのは抜け毛ではないだろうか。

最近シャンプーをしていると手に付く髪の毛の数が多くなったんじゃないかと悩んだりしている人も多いかもしれない。

一度抜け毛が気になりはじめると、髪の毛をセットするなども怖くなったり、シャンプーをするときも慎重になったりしてしまうようだ。

髪の悩みは進行していくと、日頃の態度にも表れてくる。

人にどう見られているか気になったり、髪の毛のセットなどもしなくなってくると見た目も以前とは変わってみえてしまうことになる。

付き合いなども悪くなったりすることもあるかもしれない。

仕事などにも集中出来なくなるかもしれない。

髪の悩みは抜け毛を意識することからはじまることが多いのだ。

ところで1日に何本抜けたら、危険ゾーンに入るかご存知だろうか。

髪の毛は正常な状態の人でも、必ず抜け毛は発生する。

これは誰しも経験して分かっていることだと思う。

髪の毛にも生え変わりのサイクルがあるので、抜け毛がない人は世の中にいない。

髪の悩みを持たない、健康な髪の人で1日で平均50本から100本程度抜けるといわれている。

そのため抜け毛の危険ゾーンの人は100本以上抜け続けている人ということになってくるようだ。

ただ抜けた髪の毛を1本1本数えるわけにもいかないので、普段の抜け毛の量よりもあきらかに抜け毛が増えだしたら要注意ということだろう。



髪悩み

髪の悩みを抱えている人が増えているようだ。

髪の悩みで一般的なのは髪が抜けてしまうこと、髪がうすくなってしまうこと、白髪になってしまうことなどさまざまある。

髪が抜けてしまったり、髪がうすくなることは男性に多い悩みと思っているかもしれないが、女性にも同じ悩みを持っている人はたくさんいるようだ。

髪の悩みに対して、何故そこまで真剣になってしまうのか疑問に思ってしまうかもしれない。

でも髪が抜けしまった自分を想像してみて欲しい。

そして髪がうすくなった自分を想像してみて欲しい。

外見も印象も髪の悩みがない頃とはガラッと変わってしまうだろう。

やはり人間にとって第一印象は大切なのだ。

髪の悩みは男性には切実な問題だと思う。

ある程度の年齢になると、薄毛や抜け毛が誰しも気になるはずだ。

肉体的にも精神的にも、まだまだ若いと思っていた矢先に髪の毛が薄くなり始めた、なんてことになったら、一気に老け込んでしまいそうだ。

家族や周囲からも若々しい印象を持ってもらえなくなってしまう。

髪の悩みは男性も女性も見た目の印象が一気に変わってしまうので、深刻な悩みとなるようだ。

男性もそうですが、女性でも抜け毛や薄毛に悩む人も大変多くなっているので、髪の悩みを抱えている人は相当な数いると思われる。

http://www.cardyuggbootsuk.com/